ホームページ”Hafu Talk”のインタビュー

2018.9.29

知り合いが何人かで立ち上げたHafu Talkというホームページが面白いので、ご覧になってみてください。

ハーフ関連の色んな方のインタビューが載っていますが、私も先日取り上げていただきましたので、遅れましたがご紹介します。こちらでございます。

【Hafu Talk】「ハーフを考えよう!」のサンドラ・ヘフェリンさんにインタビューしてみた!

上記のリンクにもありますが、私は「中年ハーフ」として(笑)これからも“長い目”で「ハーフ」をテーマに書いていこうと思っています。中年なので、あまりカッカしないで、一歩ひいた感じというか冷静に書けるといいな(笑)

さてさて、Hafu Talkの「アイデンティティは誰のもの?大坂なおみ選手の報道をめぐって繰り返される、「何人?」という問いかけについて」という記事の中で、下地ローレンス吉孝さんがテニスの大坂なおみ選手について書いていますが、以下の部分、本当に同感!!

抜粋:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≫「大坂なおみ選手は何人なの?」

この問いかけが、あまりにも頻出しています。

そして、この問いかけは、今後もいつまでたっても出てくるのかもしれません。

しかし、そこに一言だけ言い返したいことが。

「あなた」は、大坂なおみ選手を何人か決めることはできないし、決めるべきではないし、決める必要もない、と。

それでも、「何人か?」が気になるのなら、何も聞かずに黙って大坂なおみ選手の発する言葉に、紡がれる表現に、耳を傾けていればよいだけです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやあ。よくぞ言ってくださいました!ぱちぱち。ハーフ当事者として非常にスッキリする発言です!

・・・明日は台風が東京に上陸とのことですので、皆様気をつけてくださいね。

サンドラ・ヘフェリン

コメント

  • 同意です。多くの純ジャパには通じないけれど、どちらでもない、
    どちらでもあるって理解されにくい。。

    でも、サンドラさんがいう通り、彼女のアイデンティティは彼女自身が決めるべき。言葉についても。

    ヤフーのニュースで、大阪選手をサポートするコメントも結構あって、時代は確実に変わっているんだなって嬉しく思いました。アイデンティティに長年悩んでいる人や、思春期を迎えた子達に伝えたい。

    あなたはあなたのままでそれでいい。

    2:27 PM えれな
  • ノーベル物理学賞を受賞された南部陽一郎博士をおもいだしてしまいました…

    5:14 PM ドクターK
  • 最近は、大坂なおみの活躍でこういった話題が注目されやすいですが、正直なところ父親が日本人のハーフは母親が日本人のハーフと比べてハーフという事に触れられにくい印象は否めません。

    繰り上げでしたが、最終的にはオリンピックで金メダルを取った室伏広治ですらハーフって事にメディアが触れてくる事は少なく、サッカー日本代表だった酒井高徳も同様の気がします。

    白人とのハーフに限定すると母親が日本人の割合が高いですが、ハーフ全体だと父親が日本人の場合が多くなります。最近は父親が日本人の白人ハーフも珍しくなくなってきましたが、黒人とのハーフは父親が日本人というパターンは珍しい気がします。黒人と結婚する日本人自体がまだ少なく、しかも日本に住む黒人は男性の割合が非常に高いのも理由だと思いますが。

    黒人とのハーフは見た目で分かりやすく、しかも母親が日本人の場合が多いからメディアも好んで扱うのかどうかは知りませんが、高校の部活レベルの話でも実力以上の扱いでメディアが取り上げる印象があります。決して良い傾向とは言えないかもしれませんが、母親が日本人の黒人ハーフが重国籍などアイデンティティに関わる話題に斬り込む糸口になっていくのかもしれません。

    8:31 PM ハル

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です