私がずっと感じてきたこと。それは、世の中の人達がハーフに対して持っている「イメージ」と、実際にハーフとして生きる「現実」の間には相当なギャップがある、ということ。
世間が抱くハーフのイメージは「ハーフはバイリンガル」、「モデルさんにはハーフが多い」など華やかなものが多いようですが、ハーフの現実は色々大変なことも多かったりします。色々話し合うことで、そのズレというか、ギャップを少しでも埋めていけたらいいな!そんな思いからこのサイトを立ち上げました。テーマ別にコラムも書いてますので、ぜひご覧ください。

NEW本日(7/25)の読売新聞の朝刊に載りました(21頁のPopstyle Cool)

2016.7.25

今朝の読売新聞(7月25日の朝刊)に載りました。21ページの「ポップスタイル・クール」の【I love JPN】というコーナーです。

私が原作のコミックエッセイ「爆笑!クールジャパン」もご紹介していただいて感謝です!

「爆笑!クールジャパン」の内容は「外国人の日本に対する勘違い」を集めたものですが、

日本は地理的に遠いということもあり、特にヨーロッパでは日本に対する色んな勘違いがあったりします。

ニッポンの緑茶に砂糖を入れて飲んじゃったり、

日本の小学生が背負うランドセルを「クールだ!」と言って大の大人が背負っちゃったり。

もちろん大人がランドセルを背負うのが「間違い」なのかと聞かれると、

その行為に正解も間違いもないと思います。

が、「ニッポンの緑茶に砂糖!」も「大人がニッポンの小学生のランドセルを背負う」ことに関しても、

海外 VS 日本の“センス” が違うことは否めないと思います。

そういったギャップを笑い飛ばしながら、そして笑いを通して文化の理解が深まるといいな、と思います。

ではでは♪みなさま良い一週間をお過ごしください☆

サンドラ・へフェリン