私がずっと感じてきたこと。それは、世の中の人達がハーフに対して持っている「イメージ」と、実際にハーフとして生きる「現実」の間には相当なギャップがある、ということ。
世間が抱くハーフのイメージは「ハーフはバイリンガル」、「モデルさんにはハーフが多い」など華やかなものが多いようですが、ハーフの現実は色々大変なことも多かったりします。色々話し合うことで、そのズレというか、ギャップを少しでも埋めていけたらいいな!そんな思いからこのサイトを立ち上げました。テーマ別にコラムも書いてますので、ぜひご覧ください。

NEW大坂なおみ選手の登場によって「国際化」するニッポン

2019.1.30

大坂選手、大活躍ですね。

本人が生業としている「テニス」とはまったく関係のないことですが、

「大坂なおみ選手の登場」によって、日本人は「今まで考えていなかった色々なこと」について、考えるようになったと思います。

たとえば「二重国籍」について。今までは何年か前の蓮舫騒動の印象が強く、

二重国籍の話は「ネガティブなもの」として世間で捉えられていましたが、

大坂選手の登場によって、二重国籍をポジティブとまではいかなくても、少なくとも前よりもニュートラルに考えてみよう、という動きが多少はメディアにも出てきている気がします。

ただ二重国籍に関しては誤解も多いので、詳しくはこちらをご覧ください。

大坂選手の登場によって、国籍の話ばかりではなく、日本人は「人種差別問題」についても向き合わざるを得なくなっています。

今まではなんとなくスル―されてきていた問題が、スルーが許されなくなった、といったほうが正しいかもしれません。

先日は、日清食品が作成したアニメーションの広告動画が差別的だとして問題となり、日清食品が謝罪をしています。

問題となったのは、大坂なおみ選手をアニメに登場させる際に、「ホワイトウオッシュ」(白人化)させてしまったことでした。つまりは、本人の肌の色よりも「白く」描いた、というわけです。画像は以下をご覧ください。

anime

ニッポンの従来の感覚、特にニッポンの女子の感覚だと、こういうことが起きた場合、「自分の肌の色より白く描いてもらえてラッキー」ととらえる人も多いのだと想像します。なぜならばニッポンには「美的感覚」において、「白い」イコール「良いこと」だという価値観が確かに存在するからです。

「色の白いは七難隠す」という言い回しがあるように、ニッポンの美的感覚とはそういうものだったりします。

ただ今の時代、世界を相手にするときに「それが日本の美的感覚だ」で話が通らないのは言うまでもありません。

またこの話は、「本人が白く描くのを『オッケー』だといえば、問題ない」という話でもありません。

なぜならば、メディアにはそうでなくても白人をメインとした広告であふれています(※)。広告やアニメに黒人が登場した際、黒人の肌の色を本人よりも「白く」描けば、それを見た黒人の子供が「やっぱり白い肌のほうが好まれるんだ・・・」「自分の肌の色は黒いからよくないんだ・・・」と傷ついてしまうからです。

※子供が読む童話や絵本にも白人が多く登場し、そのことが黒人の子供が自分の肌の色に自信が持てないことにつながってもいます。

この問題については、ニューヨーク在住でブラックカルチャー、マイノリティ文化に詳しい堂本かおるさんの記事が分かりやすいので、以下にリンクを貼りつけます。

私が「黒人の人形」を作るわけ。

上記のリンク私が「黒人の人形」を作るわけ。には、幼少期から子供に自分の肌の色を好きになってもらおう、という取り組みが紹介されていますが、日清食品は海外でも食品を販売していますし、黒人の顧客も多いので、この点に関してはとくに配慮が必要だったといえるでしょう。ただ早い段階で謝罪をしたのは、よかったですね。

この問題を通して、従来のニッポンの感覚で世界に出て行ってしまうと時に危険だということがわかるわけですが、同時に世界の歴史・情勢・価値観を知る貴重な機会だともいえるでしょう。

サンドラ・ヘフェリン