私がずっと感じてきたこと。それは、世の中の人達がハーフに対して持っている「イメージ」と、実際にハーフとして生きる「現実」の間には相当なギャップがある、ということ。
世間が抱くハーフのイメージは「ハーフはバイリンガル」、「モデルさんにはハーフが多い」など華やかなものが多いようですが、ハーフの現実は色々大変なことも多かったりします。色々話し合うことで、そのズレというか、ギャップを少しでも埋めていけたらいいな!そんな思いからこのサイトを立ち上げました。テーマ別にコラムも書いてますので、ぜひご覧ください。

NEW「重国籍を認める国が増加」9月30日(日)付の東京新聞

2018.10.1

昨日9月30日(日)付の「東京新聞」。

最後のほうでカラーで大きく【国籍】のことが取り上げられていました!

タイトルは「重国籍を認める国が増加」です。

新聞を買えなかった方のために、こちらに写真を載せますね。

≪記事全体≫

222

≪以下、順番に読んでいって下さい≫

Tokyo Shimbun22

333

Tokyo Shimbun44

Tokyo Shimbun55

【重国籍】というものについて他国の状況や法律を紹介しながら、分かりやすく説明しています。

「番外編」として記事の中でドイツの元サッカー選手のエジルの発言「勝てばドイツ人、負ければ移民」も紹介されています。

でも興味深いのはやはり重国籍に関する以下のポイント。

1)
記事の左側の部分に「(日本では)実質的には重国籍は数十万人→形骸化」と書かれていますが、そこには実質上「ハーフの人々」が多く含まれているのですね。

2)
欧州では「国際結婚から生まれた子供」に関しては重国籍を認めていることも書かれています。これもいわば「ハーフ」の話です。

記事中に書かれている「大人になったら父の国籍か母の国籍のどちらかを選択するよう義務づける日本のような国は、民主国家では珍しい。」そして「国が一方的に本人の意思に反して国籍を剥奪することは人権侵害にあたると考える国が増えている。」という点も広く日本で知れ渡ってほしいです!

そしてそして最後に書かれている「日本でも、外国に帰化した日本人の国籍自動喪失を定める国籍法11条違憲訴訟が現在、争われている」というのは、まさに今度の10月9日(火)の野川等さんらによる国籍法11条1項違憲訴訟(成人二重国籍を認めてほしいとする訴訟)の第二回口頭弁論のことです!

これからも【重国籍】に良い意味で注目が集まりますように。

そして彼女の意図するところではないかもしれませんが、大坂なおみ効果(?)もあり、ハーフの人の【国籍】について、本当に当事者の立場に立って興味を持ってくれる人がニッポンで増えることを祈ってます。

サンドラ・ヘフェリン