私がずっと感じてきたこと。それは、世の中の人達がハーフに対して持っている「イメージ」と、実際にハーフとして生きる「現実」の間には相当なギャップがある、ということ。
世間が抱くハーフのイメージは「ハーフはバイリンガル」、「モデルさんにはハーフが多い」など華やかなものが多いようですが、ハーフの現実は色々大変なことも多かったりします。色々話し合うことで、そのズレというか、ギャップを少しでも埋めていけたらいいな!そんな思いからこのサイトを立ち上げました。テーマ別にコラムも書いてますので、ぜひご覧ください。

NEWネットに「ハーフ」と入れると・・・・

2014.11.18

 

はい、ご覧の結果です。

ネット(Google)に「ハーフ」、いや厳密には「ハーフを」と入力すると

「ハーフを産みたい」が一番上に出てきます。

先日、このような相談があった点を見ても、「ハーフを産みたい」が一番上に来ているのは、気になりますねー。

ちなみにこちらのウエブサイト「ハーフを考えよう」は1位の「ハーフを産みたい」に負けていて、4番でした~

「ハーフを産みたい」という発言には、色んな意見(ハーフ当事者からはぶっちゃけ、シビアな意見が多いです。理由は、冒頭の「ハーフを産みたい」がハーフの苦労を考えた上での願望だと思えないからだと思われます)がありますが、

「ハーフを産みたいなんて浅はかだ!」と叩いてばかりいても

しょうがないのかもしれません。そこで私の自己流ではあるけれど、この現象(「ハーフを産みたい」という現象)について、近々ぼちぼちとコラムを書いていきたいと思っています。

お楽しみに~☆そしてよろしくお願いいたします☆

サンドラ・ヘフェリン

P.S.「冗談」を通訳するのって実は一番むずかしいんですよね。「布団がふっとんだ!」をドイツ語に訳しても、誰も笑ってくれないですし。まあ「布団がふっとんだ」に関しては、日本語でも笑えるのかが微妙だったりしますが^^; っと、そんなことについて書きました。「ドイツでも通じる冗談、日本でも通じる冗談」 ぜひ読んでみてくださいませ。