当事者を悩ます永遠の「国籍問題」

2016.11.2

タイトルが深刻になってしまいましたが・・・・

ユーモラスに書かれているブログを見つけました。

アメリカ人をやめるかどうかの面談に行ってきた話

そう、(ハーフではない)“普通の日本人”がアメリカ国籍離脱のために走りまわる話。

非常にリアルです。

なにがリアルかって、ブログは「アメリカ合衆国」のケースを書いていますが、

ぶっちゃけEU諸国の場合も似たようなもんです。

日本×EU某国の「ハーフ」の人が、今の日本の「国籍」にまつわる報道のされ方や世間の風潮(日本国籍以外に国籍を持つことについて意地悪なまなざしが向けられています)にビビッて、仮に東京にあるEU某国の大使館へ「国籍の離脱」の相談に行ったとしましょう。

そこで「日本国籍および貴殿の国の国籍を持っているが、日本は二重国籍を認めておらず、さらに僕/私は日本という国に誇りを持っているので、貴殿の国の国籍を離脱したい」と説明をしたとしましょう。

ところがところがそこで先方は「了解いたしました。では、早速、国籍の離脱の手続きについてご説明します。」とはならないんですよね。「当国(EUの国)では、二重国籍は問題ございませんので、その旨日本側に説明してください。」で終わってしまう場合がほとんどなのではないでしょうか。

よほど先方が納得できる理由でないと、「はい、では当国から離脱してください。」と言う国は皆無ですが、そのあたりのことが(外国にルーツのない)日本人にはあまり知れ渡っていません。

そういう理由もあってか、ニッポンの世間では「日本人でいたいのなら、もう一方の国の国籍をなくせばいいじゃん」的に非常に簡単に考えられているフシがあり、

そのように簡単に考えている結果からか「二重国籍はダメ!」という意見がニッポンの世間には多かったりするわけですが、、、

ブログに登場するような当事者の本音は

「いいかげん堂々と二重国籍を(日本の国として)認めてよ!」だったりします。

先日、このことを真剣に訴えるある場に行ってきましたので、

また書きますね。

なにはともあれ、ブログに登場するような当事者の国籍の悩みが永遠に(延々と?)続くことがないよう祈るばかりです。

サンドラ・へフェリン

★追記★ 上記に貼りつけたのは、一番直近のブログですが、こちら「35歳にしてアメリカ人であることが発覚した話」が第一弾になりますので、あわせてお読みいただくと分かりやすいかと思います。写真もいっぱいあって、読みやすいです。

コメント

  • 日本は日本、EUはEUだと思いますよ。
    「郷に入れば郷に従え」って世界のスタンダードですよ。それが嫌なら
    母国ドイツにお帰りになれば済むことではないのですか?

    最近増えている東南アジア諸国からの、介護、看護目的などのキチンとした目的を持られて日本に来られてる方ならそういうことは仰らないと思いますね。
    現にそういう人からの反日、日本批判は見受けられませんしね。そういう言動をなさるのは欧米系の混血が多いですね。なんだかんだと綺麗事を言っていますがそういうことが言えるというのは結局は日本人に対して根拠のない詰まらぬ白人優越主義に基づくものだと思いますよ。

    そういう東南アジアからの留学生のように崇高な目的を持っていらっしゃらないからですよ。要するにヒマなんですよ。恵まれているのでしょう、あの人たちは勉強で必死ですから。ああいった尊敬できる人たちなら、日本人との結婚も、子作りも結構なことだとお思いますがね、しょ〜もないタレント、批評家の外人はサッサと帰って欲しいですね。特に反日のね。そういう人は害人ですね。

    貴女は反日記事を、バカヒ系に売文して日本で生活しようとされているようですからそんな二重国籍批判の言葉が吐けるのでは?
    Auslanderさんの仰るような差別の強いドイツで、日独混血ならそりゃあまり居心地は良くはないでしょうからね。

    白人崇拝の日本でずっとのうのうと暮らしたいことは分かりますよ。
    でもそれなら反日記事、日本批判は止めてくださいね。
    結局は貴女の日本での真の友人は無くなると思いますね。

    5:59 AM 純日本人
  • 「純日本人」さま。

    御説ごもっとも。
    さて、ちなみに、何をしてご自身を純日本人とおっしゃるのか、まずその定義からキチンとされてくださいね。

    まさか、とは思いますが「日本人」とは

    人類学的には:多様なアジア系(東北は白色人種系も有為に確認される)の多人種ミックス(骨格と遺伝子解析による)

    と定義され。

    社会学的には:類似性は強いものの、多様な地域独特の文化が混在する「多文化社会」

    とも定義されていたかと存じます。

    ええ、かくいう私、父方は500年だけ、母方は1000年ほどこの島で、系図を見る限りはおっしゃるところの「純日本人」。つまり「明治まえから名字あり」さらに「祖先は日本史の教科書にでてくる」家ですが、家族の骨格や形質から、明らかに大陸、東南アジア、ポリネシアがみてとれます。

    8:56 AM よりより
    • よりよりさん、

       
      ご声援ありがとうございます!(笑)まあこのように色々とあるわけですが・・・これからも宜しくお願いいたします★サンドラ★

      2:25 PM サンドラ・へフェリン
  • >より様

    貴方が純日本人の定義について云々と仰るので、私も「ではあなた達がよくお使いの純ジャパという言葉は純日本人となにがどう違うのか、なにをもって純ジャパと呼ぶのか、純ジャパの定義とは何か、(純日本人を)何故わざわざ純ジャパと呼ぶのかその目的は何なのか」ということをお聞きしたかったのです。

    でも、ご自分でお書きになった文章の推敲もろくろくお出来にならないような、おおよそのレベルの想像できるお方にそんなことをお聞きしても詮ないことだと思いましたので止めました。推敲という言葉くらいはご存知ですよね?
    「推古」などと言わないでくださいね、不敬ですのでW。それもお分かりになりませんか?

    ですのでこれを読んだからとお答え頂かなくても結構です。

    なお、あなた様のレベルはおおむね推測出来ましたし、私はあなたに質問したわけではありませんのであなたのご質問に答える気はないし、またその義務もありますまい。お答えは致しませんので。
    悪しからずご了承ください。

    4:57 PM 純日本人
  • 私の知り合いに、 お父さんの仕事の関係で、アメリカで生まれたため両親とも日本人でありながらアメリカ国籍を持ってる人も数人います。

    いろんな事情があって、 どこで生まれるかは、本人の選択出来ない事なので、 国籍問題をいろいろと言っていつまでも日本国籍のみとか、 日本人の血だけとかにこだわるのは、 今の時代では褒められる事ではないと思います。

    6:36 PM Ki i ro
    • Ki i roさん、

       
      本当ですよね。。両親共に日本人の人がたまたま生まれた場所がグアテマラだとかブラジルだとかであるために、二重国籍になってしまい、将来日本で外務省の職員になれなかったり政治家になれないのだとしたら大問題ですよね。★サンドラ★

      2:29 PM サンドラ・へフェリン
  • 正直日本の重国籍ヘイターは何を考えているのか分からない・・・そんでそのヘイターたちが国を動かしてるのが残念すぎますわ。どうにかならんもんなんですかね?逆にこっちが国を訴えたいくらい。全然人権尊重されてない気がする。

    9:19 AM Hardison
    • Hardisonさん、
       
      当事者からのご意見ありがとうございます。・・・良い方向に向かうといいですね!★サンドラ★

      2:30 PM サンドラ・へフェリン
  • 日本人って、何かを伝えたり、自分の意見を言ったりすると、だいたいの方が自分が否定された様に感じるんですよね。そういう人が多いです。
    その意見が自分の思っている事と違うと全力でつぶしにかかります。
    勝ち負けで考えちゃってる。だから負けたくないんですよね。
    それが社会に蔓延しちゃってる。
    どうしても外人コンプレックスがあるから、批判しか知らないんです。

    私は、日本生まれの日本育ち。父がドイツ系でアメリカ人です。
    小さい時に両親は離婚し、私は日本で母と暮らし、父はアメリカです。その後母は日本人と再婚で兄弟もいます。
    私自身、もちろん日本国籍だし、日本語がメインだけど、日本人の閉鎖的な感覚にだけは、いまだなじめません。もう40年も暮らしてるんですが。
    娘は外で、外人みたいと言われて ママ、外人って何?と聞かれましたが答えに困りました。
    純日本人って言葉、どうにかなりませんかね。。
    なんでそんなに締めだしたいんでしょうか。
    怖いんでしょうか?
    もはや謎です。
    この国では、
    二重国籍問題もなかなか進展しないと思います。

    9:48 AM キャロル
    • キャロルさん、
       
      確かにそれは今回感じますね。こちらが「複数国籍を考えよう」とか「認めてほしいと思ってます」というのを即攻撃だと感じて、「日本は正しい!」ということを言って相手(複数国籍を肯定しているハーフを含む日本人)をこらしめてやらなければいけない、と何かに取り付かれたように思ってらっしゃる方も。日本という国のあくまでもこのテーマについて語っているだけなんですが・・・即日本への攻撃と受け止めるのですよね。困ったもんです。日本同様ドイツや他の国も良い点、困った点たくさんあるんですけどね。★サンドラ★

      2:35 PM サンドラ・へフェリン
  • 二重国籍を認めてるアメリカでは、他の国籍を持つことで国籍離脱義務が発生しないので、先ず理由についてFBI当局から調査が入るとの事。また、この捜査費用が本人自腹であり、3000ドルから6000ドル掛かるそうです。もちろん、国籍を選べと言っている日本側からは何のサポートもありません。

    デメリットしか感じられない無茶な注文をするのなら、日本政府がしっかりサポート・賠償をしてくれませんかね。そこまで国民に対して独占欲があるのなら、それくらいするのが当たり前だと思います。

    「国籍選べ」は口で言うのは簡単ですが、二重国籍を持った事無い人に言われる筋合いは無い気がしますね。

    9:52 AM とあるアメリカ系日本人
    • とあるアメリカ系日本人さん、
       
      コメントありがとうございます。
       
      >「国籍選べ」は口で言うのは簡単ですが、二重国籍を持った事無い人に言われる筋合いは無い気がしますね。
       
      ↑同感です。「国同士」(たとえば日本とアメリカ)で国籍について矛盾のない制度(法律)を各自作るよりも、今のように矛盾のある制度のまま「個人」に対して「あれやれ、これやれ」(でも援助はしませんよ)と言うほうが国としては「簡単」なのでしょうね。。このことに限ったことではないけれど、弱者イジメだと思ってます。困った問題ですね。。★サンドラ★

      2:21 PM サンドラ・へフェリン
  • 二重国籍の赤子を持つ母として書かせて下さい。政治家や国の安全保障に関わる人達が、他国籍放棄を義務とするのは良いと思います。以下はそれ以外の一般の人に関してです。

    二重国籍者が生まれる背景として、国際結婚か海外での出生がほとんどだと思います。

    結婚は憲法24条にも書かれているように「両性の合意にのみに基づいて成立」します。相手が外国であろうと無かろうと、結婚することは認められています。また、居住地の自由も認められていますので、海外出産も合法です。

    なので、日本の政策が二重国籍者に他国籍の放棄を強要出来ない(努力義務に留まっている)のは、無国籍者を作らないことによる人権の尊重だと私は考えています。

    これを前提として、「二重国籍はずるい」とか「良いとこ取り」という感情論に対しては私も感情論で返します。

    外国人と結婚して(結婚しなくても)、海外に基盤を築いて生活するのは、母国での生活と比べると過酷極まりないです。では何故そうするか?そこに仕事があったり、愛する家族が居たりするので頑張れるんです。
    そこで子供が生まれて、どこの国に行っても家族全員で一緒に過ごしたいと思うのは自然なことじゃないでしょうか?

    残念ながら私の住んでいる中国では中国人と結婚している外国人に対してビザや永住許可など優遇政策はありません。何年住んでも、毎年ビザ更新が必要です。実は子供も必要で、複雑な中国の制度を掘り下げることはここではしませんが、親としてできるだけ両親の文化背景を引き継いで、どちらの国にも友好的な聡明な人間になって欲しいという思いで育てています。

    そしてもしここに居るハーフの皆さんのように、バイリンガルとして聡明な人間に育った暁には「ずるい」と言われるのでしょうか?是非言われたいです。
    その「ずるさ」や「良いとこ取り」に見える能力の陰にはどれだけの本人の努力と家族の愛、経済の支えがあったのでしょうか?
    もしその過酷な生活をしてみたいという方が居れば、是非日本を出て海外で生活してみてください。新しい世界が開けます。

    長々と申し訳ありませんでした。

    1:34 PM ヤンヤン
    • ヤンヤンさん、
       
      お忙しい中コメントありがとうございますm(__)m
       
      国籍が複数あることを叩いたり、「ずるい」と感じるのは当事者の立場に立っていないからですよね。そして立とうともしていない。個人的に残念に思っているのは、「外国人やハーフの友達や知り合い、仕事仲間が沢山いるよ、だから僕は/私は差別していないよ。でも二重国籍はずるい。外国の法律は関係ない、ここは日本だから・・・・」というようなことを語る人がいること。そのハーフの友達や知り合いや仕事仲間はまさにその「日本と外国の(お互いに矛盾する)法律」の狭間で苦しんでいるわけで、そのことを訴えているのに「外国のことはどうでもいい、ここは日本」に終始した意見って、本当に隣人(それはハーフの友達や知り合い、同僚)の悩みを全く分かろうとしていないんだな、と。もし少しでも分かろうとする気持ちがあれば、そんな言葉は出てこないはずなんです。「外国人やハーフとワイワイ・ガヤガヤ」みんなで飲み会やイベントで盛り上がるのは好きでも、その裏側の悩みをこのようにバッサリ切る人って・・・・残念ながら少なくないんですよね~。すみません、愚痴でした。★サンドラ★

      2:17 PM サンドラ・へフェリン
  • 私自身はドイツに長く居たものの、国際結婚したわけではなく二重国籍の問題とは無縁でしたが、この記事を見て自身が知らなかったことだけにとても参考になりました。

    EU諸国の二重国籍の容認は、基本的に当事者の立場に立ったものである一方、日本側は想定外である(つまり極めてレアなケース)という現在の状況に全く噛み合わないところに問題があると感じています。これは当事者が国際間に身を置く立場なので、極端な例ですが、船舶や航空機のルールのような形で纏めるべき事案でしょう。それにしても民主党党首は当事者かつ政治家であるにも関わらず、この問題を放置していたとみられるのは非常に残念です。

    基本的に当事者の立場に立てるかどうかが政治家の良し悪しを図る大きな指標なのですけど。

    5:02 PM Akira
    • Akiraさん、
       
      コメントありがとうございますm(_)m日本の政府にとって確かに「海外に住む日本人」や「ハーフ」の人々は想定外とはいわないまでもかなり「レア」なケースと見なされているのでしょうね。増えていってるんですけどね。そして仮に数が少ないとしても放置して良い問題でもないと思います。
       
      先日、「海外に住む日本人と複数国籍」という記者会見を傍聴してまいりました。Youtubeはこちらになりますので、ご興味ありましたら、ご覧ください★サンドラ★

      5:13 PM サンドラ・へフェリン
  • 本人が欲したわけでもないのに二重国籍になった人には同情するし対策はしないといけないと思います

    でも私のような日本国籍しかない人は頼れるのは日本のみ
    自分の意思で日本と他の国の二重国籍の人は私はズルいというか同じ日本人だとはとうてい思いません
    そういう方が日本で選挙権等があるのも許せません
    これを言うと差別だーとか欧米ではーとか得意の人権を盾にする方が顔を真っ赤にして文句を言ってきますけどそういう意見もあってもいいし私の意見もあっていいと思います

    欧米でも難民や移民を歓迎する人もいれば難民宿舎を焼き討ちしてまで難民移民受け入れを反対する人もいます
    日本でも二重国籍を認めるべきという考えは傲慢だ
    二重国籍を受け入れのが絶対に善で二重国籍を受け入れないのが絶対に悪みたいな方がいるからそうじゃない人の反発が大きいんですよね

    いいとこどりはどこでも嫌われます動物でも鳥でもないコウモリはそら反発されますよ
    難民や移民問題でどうしようもなくなって数十年後にはイスラム国家になりそうなドイツやスウェーデンやフランスみたいに日本はなってはならない
    文化や習慣が違うから国境が分かれてるのに二重国籍ですって言われてもえぇ…ってなる人は日本では多いと思いますよ
    自分の意思で二重国籍を選択した人には相応の覚悟と責任が求められますね

    11:12 PM そらトランプも躍進するわ世界的な流れだわ
  • 日本は閉鎖的でもいいんじゃないですかね
    日本より開放的な国もあればそうじゃない国もある

    閉鎖的が嫌なら開放的な国に国籍移して移住したらすぐ解消しますしそこまで嫌ならそうするでしょうね?思い立ったらすぐできますしね
    その方法なら閉鎖的でもいいと思う日本人がいる日本を開放的な国に変えるよりはるかに簡単で即効性ありますもんね

    二重国籍者の私が嫌だから日本は変わるべき、世界はそうしてる、等のしてくれしてくれするべきするべきには怒りをためてる人が多いと思いますよ
    世界の右傾化というかあまりにもな左傾化な是正もこういう方々に対する危機感や怒りも1つの理由だと思います

    11:22 PM そらトランプも躍進するわ世界的な流れだわ
    • そらトランプも躍進するわ世界的な流れだわ様、

       
      ご一読いただき、ありがとうございます。
       
      そらトランプも躍進するわ世界的な流れだわ様は
       
      ≫「自分の意思で二重国籍を選択した人には相応の覚悟と責任が求められますね」
       
      と書かれていますが、「自分の意思」とはどのようなケースを指しているのですか?

       
      例えば子供の頃から日本と外国の国籍を持ち、その後、成人してから、日本国籍を持ち続けたいと考え、日本でないほうの国に「貴国(それは例えばフランスだったり、スウエーデンだったり、ドイツだっり)の国籍を放棄したい。なぜなら自分は誇り高い日本人としてこれから生きていきたいため。」と説明したところで、その後、その国(それはフランスだったり、スウエーデンだったり、ドイツだっり)が、「当国では二重国籍や複数国籍は問題ありませんので、その旨日本側に説明してください。」となるケースが多いです。コラムにも書かれているように、外国籍の放棄はそう簡単には認められないわけです。その結果、その人が「二重国籍のまま」だとすれば、それはそらトランプも躍進するわ世界的な流れだわ様から見て、「自分の意思で二重国籍を選択した人」となるのでしょうか???

       
      ハーフの人の一部は、両方の国を子供の頃から祖国と感じ、両方の国の言語や文化を学び、当然両方の国に愛着を感じているわけですので、「はい、あなたは大人になりました。もう一個の祖国の国籍は捨ててくださいね」と選択を迫ることは酷だと感じております。

       
      なお、「日本に貢献した人」には(ハーフではない)ノーベル賞受賞者がいるわけですが、アメリカ国籍取得後にそのまま日本国籍を持ち続けている人も、ご存知かとは思いますが、いらっしゃいます。このような場合も「米国籍を選択したのだから、日本国籍は捨てろ」とお考えだという理解でよろしかったでしょうか。であれば、今後「日本人」のノーベル賞受賞者は減ってしまうかもしれませんね。★サンドラ★

      7:03 PM サンドラ・ヘフェリン
  • サンドラさん はじめまして。
    初めて投稿させて頂きます。 私はドイツ人と国際結婚をしてドイツに在住 日独二重国籍の子どもがいます。

    ドイツは条件付きで二重国籍を認めていますし EUになって学校教育の現場でも平和政策に基づいた指導が実践されています。
    確実に時は流れて 私の時代ともサンドラさんの時代とも違う新しい若い世代が登場していますよ。 頼もしく感じています。

    例えば外国語教育ですが 10年ほど前より小学校から英語が必修科目となり ギムナジウムでは第二外国語としてフランス語かラテン語を学びます。 8年生から第三外国語も選択できますし 10年生から第四外国語も選択できますし 公立校の教育でこれだけの言語を学ぶ機会があるなんて本当に素晴らしいと思います。 外国語のレベルアップだけではなくて 外国語の学びを通して異文化に興味をもち おたがいを理解する努力と寛容な心とコミュニケーションの力を育むことの指導も行われています。

    Herkunftssprachlicher Unterricht(出自言語教育)も公立校のプランに組み込まれていて 各言語が第三または第四外国語として評価されることも生徒に誇りを持たせてくれますね。
    来年Abiの私の子どもも第一外国語の英語からラテン語とフランス語を学び 第四で日本語を選択し恩恵を受けています。 何といっても日独バイリンガルですから日本語は楽しいそうです。

    どこの国にも光と影の部分がありますね。
    二重国籍の方々へ 幸せのかたちは人それぞれですから いわれのない非難に凹むことなく ご自身の生き方を大切にしてほしいと心から応援させて頂きます。

    9:31 AM 世界は広くて大きい
    • 世界は広くて大きいさん、
       
      素敵なコメントをありがとうございます。
       
      そうですね、ドイツの場合は、条件つきだとはいえ、多くのケースで二重国籍を認めていますよね。
       
      日本で二重国籍に反対される方の中には、「国籍を二つ持つことを良しとしてしまうと、国への忠誠心が薄れる」というご意見の方もいらっしゃいますが、常識的に考えて「自分に国籍放棄を迫る」国に愛着や忠誠心・・・・・持てるのでしょうか。非常に疑問に思います。
       
      またドイツやバイリンガルのこと、国籍についてなど、発信していきますので、またちょくちょくのぞいてみてくださいね。ダンケ!★サンドラ★

      7:14 PM サンドラ・ヘフェリン
  • サンドラさん ご返信ありがとうございます。

    こちらこそ 心からダンケです。
    サンドラさんとサンドラさんのお母様をはじめとする皆さまの努力があったからこそ 現在ドイツ国内で私の子どもが恩恵を受けているのです。

    私がドイツへきた頃 もう20年以上も前のことですが 日本語や英語で話していると ここはドイツなんだからドイツ語を話して下さいーと言われることが多々ありました。 旅行先のフランスでもフランス語しか通じませんでした。
    それが!それが! 現在では現地校の先生から バイリンガルの子どもは視野が広くて外国語の習得能力が高いと評価を受ける時代となり フランスでも英語やドイツ語が通じるようになっています。
    毎年 フランスから交換留学生を受け入れているのですけど 年ごとに学生のドイツ語レベルが高くなっていることに驚いています。

    二重国籍は国の制度からおきる結果であり 最近の日本国内のように あたかも問題があるように煽って個人攻撃につながる風潮を憂いています。 
    人と人との出会いとつながりは1対1が基本ですし どうぞ いわれのない非難に凹むことなく発信を続けていって下さいね。 コラムを楽しみにしています。  

    11:25 PM 世界は広くて大きい
  • サンドラさん
    横レスになりますがどうしても書きたいので書かせて下さい。荒れる原因になったらすみません、もし荒れたら削除お願いします。

    そらトランプも躍進するわ世界的な流れだわ様

    私自身はハーフでは無いのですが、おそらく貴方が認識している事実と違うことがいくつかあるので指摘させてください。

    >>でも私のような日本国籍しかない人は頼れるのは日本のみ
    と書かれていますが、頼るとは福利厚生や年金などのことを仰っているのでしょうか?その場合、日本の政策で国籍関係なく日本で働く方達は
    皆社会保険と年金を納めていますし、所得税も世界で租税条約が決まっているので、外国籍でも一年に180日以上働いた場所で納税する義務があります。

    二重国籍の方に関しては、どの国を拠点にするかによりますが、少なくとも日本国籍を持って日本に住んでる以上は国民の義務を果たしているので、他国籍の国籍を剥奪する根拠にはなりません。
    なので、現在二重国籍の方に対して「国籍放棄の努力義務」にとどまっています。

    それを「同じ日本人とは認めたく無い」という貴方のご意見もご立派で、ある意味正しいのでしょう。

    ただ、現実として現在50組に一組がハーフ、2015年に日本で出産された赤ちゃんが約100万人、全てが一人目じゃ無いし子供のいない夫婦もいるので詳細は計算できませんがざっくり計算して6年後には約2万人のハーフの児童が小学校へ行くことになります。それ以外にも記事のように海外で生まれた日本人も増えています。
    ハーフの子も将来結婚してクォーターを生むでしょう。なので外国のバックグラウンドをもつ日本人はこれからどんどん増えてきます。

    私の子供はまだ赤ん坊ですがハーフですし、今は海外に住んでいますが、将来は日本で学校に通い、日本で就職するかもしれません。

    私の子供が日本で暮らす時、この子の先生が、上司が、友人達が貴方のような「日本人とは認めたく無い」と言う人では無いことを切に切に願います。

    5:36 PM ヤンヤン
  • サンドラさん こんにちは…いつも楽しく拝読しています。

    こういったコラムを読んでいろんな考え方を知れるのは嬉しいです。

    日本人って何なのかな?別に特別じゃないのに、日本人っていう「型」が狭すぎて息苦しいです。
    少数派に優しくない、と言うのかな、周りと同じである事の外圧が強くて、暗黙の了解が多すぎて、いわゆる「純ジャパ」育ちの私でもなかなかサバイブしづらかったです^^;

    現在は多文化主義の国在住ですが、娘はいわゆる「ハーフ」、夫は中東ですが文明の十字路なのでそれこそ多種多様な外見、宗教、文化…
    居住国でも外見や言葉のアクセント関係なく、能力があれば仕事もあるし、何国籍かじゃなくて個人として人付き合いも出来る。

    日本で二重国籍をはじめ夫婦別姓やゲイマリッジがこんなにも論争になる事にビックリです(同時にまだやってるんか感もありますが)

    これらの議論でいつも出るのが「私は夫婦同姓で良いからあなたも同姓で良いじゃない?」「私は異性婚者だから、あなたも結婚したいなら異性を選べば?」
    少数派なら肩身狭く日陰でひっそりしてれば良いじゃない、言われているような気がします。

    いろんな損得勘定や多数派が少数派になる恐怖?とかのせい?
    よく分からないけれど、少数派での多数派でもいろんな特性を持った人が暮らしやすい国になると良いのになあと思います。

    8:33 PM くう
    • くうさん、

       
      コメントいただき、ありがとうございます!

       
      ≫これらの議論でいつも出るのが「私は夫婦同姓で良いからあなたも同姓で良いじゃない?」「私は異性婚者だから、あなたも結婚したいなら異性を選べば?」
      少数派なら肩身狭く日陰でひっそりしてれば良いじゃない、言われているような気がします。
       
       
      ↑ほんとうにそうですね・・・。国籍に関しても「私は・僕は(二重)国籍の問題はないし、そういう悩みがある人は自己責任」的な思考の人も(もちろん全員ではないけれど)いるのが悲しいですよね。でもこれからも細々と発信していきます!今後ともよろしくお願いいたします。★サンドラ★

      8:39 PM サンドラ・ヘフェリン
  • 私は海外育ちのハーフですが、ついさっきこのブログを発見して面白く読ませてもらっています。
    二重国籍についてはごもっともと思いました。私の場合大学を終わり、ぜひ自分の生まれの国をもっと知りながら役に立ちたい!と思い、院留学か、就職などを考えましたが、ハーフ、二重国籍にあたり、手続き、偏見など色々な壁とぶつかり、考えを変えている今です。例えばですが、大学院の申し込みの場合、外国人、日本人枠などであって、海外大学卒などと表示されなかったり、手当・奨学金などに応募できなかったり、EU圏では普通にできていたことがここまで大変かと思い知らされました 笑 自分も今多くのカルチャーショックに出会っていて、このようなコラムを読むと、一人じゃないというちょっと安心感が出ます。今度是非、本を買わさせてもらいます!!

    1:27 PM エレナ
    • エレナさん、
       
      留学と就職、その後いかがですか。上手くいっていることを祈ってます!
       
      残念ながら、今の時代においても、世の中、学校や大学、そして仕事においても、(国籍が)「外国か否か」で簡単に分けてしまっているので、その狭間にいる人々(我々「ハーフ」)は、「私達は、制度的に、どちらの枠?」「どちらの枠にも当てはまらないじゃないの(涙)」と感じさせられる場面が人生の節目節目にありますね。
       
      今すぐに解決する問題ではありませんが、がんばってくださいね(^^)応援しております。★サンドラ★

      9:45 AM サンドラ・へフェリン
  • 初めまして。

    ちょっと気になるところがあり、お名前をググってみたところ、こちらにたどり着いた次第です。

    いや~~驚きました。

    ドイツと日本のハーフの方だったのですね。

    ドイツ代表のような発言をされていたので、ハーフの方だとは思いもよりませんでした。

    文を読ませて頂いたのですが、サンドラさんの場合、何故日本国籍にこだわるのですか?

    日本という国に誇りをもち、愛しているから…なんて風にはまさか思いませんが…。

    生活する上で便利だからですか?

    サンドラさんのどちらかというと、反日? (少なくとも私はそう感じました、気になったのもまさにその部分です) 。
    そしてドイツをとても愛している、そのようにお見受けしました。

    二重国籍を認めない日本。

    う~~ん。

    日本は、地理的にも歴史、文化的にも欧米とは違いますしね。

    他にももっと閉鎖的な国もありますよ。

    それに、子供に二重国籍を与えたいが為に わざわざハワイで出産される日本人夫婦もいる位ですし。

    なんだかんだ日本の国民性は、平和的で良い国だと思います。

    言われやすいのが欠点ですがね。

    今まで深く考えた事ありませんでしたが、まぁ、ある意味 私も今後この問題を考える、良いきっかけになりそうです。

    9:31 AM 日本大好き
    • 日本大好き様
       
      お名前に関していえば(上記の「日本大好き」というハンドルネームのことです)、わたしも日本大好きですよ♪
       
      >なんだかんだ日本の国民性は、平和的で良い国だと思います。
       
      ↑上記に関しても、同感でございます。
       
      なお、日本大好き様の、「日本とのハーフであれば、ドイツ人ではない」「日本とのハーフなのに、ドイツを愛するのはおかしい」と言いたげな発言には疑問を感じます。
       
      両方の国が好き。これで良いのではありませんか?
       
      なお国籍に関しては、国籍法や国籍そのものの手続きに興味を持っている方々とお話しや対話をしたいと思いますが、日本大好き様のように、日本以外の国にもルーツがある人に日本国籍を持っていてほしくない、という思考の方に関しては、そのことを残念に思うとともに、議論をしてみたところで、あまり変わらないかと思いますので、この返事にして失礼いたします。★サンドラ★

      9:37 AM サンドラ・へフェリン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です