1月21日(木)13時15分に判決が出ます【国籍はく奪条項違憲訴訟】

2021.1.20

長く続いていた国籍はく奪の裁判。

この国籍はく奪訴訟を簡単に説明すると・・・

成人した日本人が外国の国籍を取得したことで、自動的に日本の国籍を剥奪されるのはおかしいのではないか、と国を相手にした訴訟です。

その判決が1月21日(木)に出ます。

傍聴が可能です。ただコロナで席の数が平常時よりも少ないため、早めの到着が安心かもしれません。

余談ですが、裁判を自由に傍聴できてこその民主主義だと思うので、自分が興味あるテーマの裁判の傍聴はどんどんしたいですね。私も明日、傍聴する予定です。

コロナ禍になる以前、国(日本国)は「外国の国籍しかなくても(別に日本国籍がなくても)日本には来れるのだから、それで良いのではないか」という考え方(?)だったと記憶しておりますが、コロナ禍である今、明らかになったことがあります。

それは、今のコロナ禍のような緊急事態時には、「日本の国籍がないと、たとえ日本人であっても、日本に入国が許されない」ということです。そう考えると、コロナ以前の「外国の国籍だけでアナタは満足して、外国の旅券を使って日本に来ればいいんじゃないの?」という論理は成り立たないことなります。

・・・このテーマについて言いたいことはたくさんありますが・・・・

1月21日(木)の判決を待ちたいと思います。判決期日の詳細は以下の通りです。

【判決期日に関する日時の詳細】
日時: 2021年1月21日(木)13時15分 から
場所:東京地方裁判所 703号法廷
東京都千代田区霞が関1-1-4(地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩約3分)

よろしくお願いします。

サンドラ・ヘフェリン

コメント

  • コロナ禍の現在、日本国籍がないと日本に帰国するのは格段に難しくなりました。2週間の自粛も絶対なので尚更です。今時、日本で生まれ育った日本人なのに外国の国籍を取得=日本国籍喪失、はどうなのかと思います。外国籍を取る=国を捨てる、という考えは時代遅れだと思いますけどね。

    2:37 PM Jannat

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です