【Black lives matter】 と【日本】Part4 大坂なおみさんのこと

2020.6.18

あの大坂なおみさんも黒人差別について、ツイッターで定期的につぶやいています。

そんな彼女に対して、「(大坂さんが)そんなことを言う人だとは思わなかった」「がっかりした」とレスしたり、「日本に黒人差別などない」とイチャモンをつける人もいます。

先日、大坂さんは「日本に黒人差別はありません」と言った人に対して、過去に日本での人種差別を報じた英語の記事を貼り付け、NANIIIIII?!と切り返しました。

こちらがそのツイートです。

このやりとりもそうですが、#BLMにまつわる一連のやりとりを見て、大坂さんは本当に頭がよく、瞬発力があるな、と思いました。

「大坂なおみのことを応援していたのに、黒人差別に対する彼女の発言で、応援できなくなった」なんて、あたかも自分が善人であるかのような言い方をする人は、もともと大坂さんのことをたいして応援していなかったのでしょう。

応援するならその人が抱えている悩みもひっくるめて応援するのが筋ってもんです。

彼女の場合は、アメリカや世界で黒人に向けられる差別行為に悩み怒っているのですから、そこを理解しようとするのが本来は自然かと。

日本の場合は、「軽いテーマには喜んで飛びつくけど、話が深刻になると逃げる」という人々の傾向も見られます。

だから「好きな日本の食べ物はなんですかー?」という呼びかけに対し大坂なおみさんが「おにぎり」「抹茶アイス」「カツ丼」と答えれば皆「大坂なおみは和食が好き!」と喜ぶけれど、

彼女が本当に抱えている悩み(それは多くの国で存在する黒人に対する差別)の話になると、スーッといなくなったり、酷い場合は彼女にイチャモンをつけて攻撃する側に回ったり、という困った現象が見られるのでした。

要するに「私達は明るいあなたが好きだし、明るいあなたに悩みはないはず」と予め決めつけ、そういった前提のもと応援している人が少なくありませんでした。でも他人の悩みに耳を傾けないって残酷なことです。

大坂なおみさんは日本人であると同時に黒人です。そのことを理解しようとしない人が多いというのが残念ながら今の日本だということが、今回の一連の動きで浮き彫りになったのではないでしょうか。

サンドラ・ヘフェリン

コメント

  • 残念ながら、鎖国が長かったためか、全般的に日本人は、特に自国での人種差別問題には疎いです。ぼんやりと黄色人種としてのコンプレックスと、とは言え日本にいる限りは圧倒的な数を背景に、外国人全般、そして特に非欧米系に厳しいことがあります。人種・国籍・使用言語は必ずしも一致しない人は今後増えこそしても決して減ることはないと思いますが、どうしても’見た目’で(良くも悪くも)判断してしまうのでしょうか。私が生まれ育ったフランスでも、’見た目’が違うと「あなたはどこ(の国)から来たの?」と聞かれて、数十キロメートル離れた自分が住んでいる町の名前で答えてやったなんてこと、しょっちゅうでした。残念なことですが、あれだけ移民の多い国でもこれが実状なので、日本の島国根性がそう簡単に乗り越えられるとは思えません。。

    3:42 PM Mitsouko Fujiyama (仮名)
  • 大坂さんは、以前はもう少し人間の出来た方だと思っていましたが、最近は少し調子が悪いとラケットを投げたり顔に出したりと態度が良くないですね。
    ツイッター事件などで少しヒステリックに感じられるのもその影響があるのかもしれません、あのマッソの時とは人間が変わってしまったようで私は大坂さんが好きだっただけに残念です。
    アレが微妙に、というか、かなり日本のファンの気に障って人気にも陰りが出ているのでは?と思います。
    特に日本人は温厚でマナーの良い人が好きなので、クルム伊達さんもそうでしたがああいった過激な態度はワガママと思われ嫌われますね。
    私は昔から国籍については英語も上手だしアメリカにされた方が良いのではと思ってヤフーニュースにもそう投稿したことがあったのですが……温厚で礼儀正しい人だと思っていただけに残念です。

    11:46 PM そらワシは和風が好きだからグローバル化には反対だわな、温泉に行ってタトゥーだらけでは入る気にはならないがな、郷に入れば郷に従って欲しいわな氏

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です