中山美穂が「子供を捨てた」と言われている件

2014.7.17

芸能ネタで、すみません。

今朝、電車の中吊り広告を見ていたら、「中山美穂は子供を捨てた!」みたいな見出しが出ていました。

私は、この中山美穂さんの離婚の件、別の意味で気になっています。

そう、「ハーグ条約」がらみで気になっているのです。

中山美穂さんは、ご主人と10歳の子供と一緒にパリに住んでいたそうですが、そのご主人と離婚をし、

現在日本人(のマスコミ)から「子供をパリに置いてきた」「子供の親権を父親がとった」イコール「中山美穂は子供を捨てた」と言われているのですね。

しかし、日本が今年の4月に「ハーグ条約」に加盟したことを考えると、そのような解釈(←子供を外国に置いていくなんて酷い母親、親権を父親に渡すなんて酷い母親、という発想)をしていたのでは、法律(ハーグ条約)と「人々の感じ方」の間にかなりのギャップがあるのですね。中山美穂さんがちょっと気の毒な気もします。

というのは、「ハーグ条約」では、親の離婚後も、子供が「元々住んでいた国」で暮らし続けるのが子供にとってベストという考え方に立っています。「母親と一緒に日本に帰るのがベスト」という考えには立っていないのです。

今回のケースも、もしも中山美穂さんの元ご主人が「子供を日本に連れて行くこと」に反対しているとしたら、彼女はそう簡単に子供を日本に連れて帰れないんですよ。冒頭の通り、ハーグ条約の基本となる考え方は「子供は元々いた国(←今回のケースだと、それはフランス)で暮らすことが最適」というものなので。

残念だな、と思うのは、今回の「中山美穂の離婚」の件は、こういった条約(ハーグ条約)を簡単に説明する良い機会なのに、マスコミは「ハーグ条約」に触れていないこと。

そう、ハーグ条約は何も「国際結婚カップル」にだけ適用される条約ではないのです。「日本人同士の夫婦」にも適用されます。

「日本人同士の夫婦」が海外に住んで、子供が海外で育ち、その後、親が「離婚」となった場合も、「ハーグ条約」が適用されるわけですから、従来の「離婚したら子供と一緒に日本に帰る」という発想を他人に強要するのはやめたほうが良いと思います。

そして同時に思うことは、「外国で暮らすこと」や「世の中が国際化すること」は素晴らしいことだけれど、

その際に生じる問題などについても、

マスコミ等にもっと取り上げてほしいな、ということ。「中山美穂は子供を捨てた」と報道するだけ、っていうのはちょっと違うんじゃないかなあ。。。

せっかくだから、ミーハーなネタを元に、こういう「ハーグ条約」の事も解説したら、知識も広くひろまるし、分かりやすいんだけどなあ、、、なんて思います。

そう、TBSの「世界の日本人妻は見た!」のような「国際結婚ポジティブ版」も素晴らしいけれど、「裏側」や「破綻したケース」を冷静に見つめることも、とても大事。そういう事に向き合うことで、子供が悲しい思いをすることが防げるかもしれないし。

・・・なんて、グルグル考える夏の日です(暑いのに!)

皆さんも、ご意見ありましたら、ぜひ書いていってくださいね。

サンドラ・ヘフェリン

コメント

  • ハーグ条約に加盟しても、一般の人たちやマスコミの人たちの頭の中は「離婚したら母親が親権を取って、父親は養育費を払うだけの人」なのではないでしょうか?でもこれって、ハーグ条約に全面的に賛成ではない私でも、たとえ日本であっても時代に合っていない気がするのは私だけでしょうか?
    中山美穂の離婚に関しては、子供はフランスにいますが、「別れたらもう赤の他人」ではなく、常識的に見れば定期的に子供に会う、という前提のはずです。サンドラさんも書いているように、ハーグ条約によると「(親同士の話し合いがなければですが)子供は元々いた国で養育をするのがベスト」になっていて、日本の感覚で旦那さんに知らせずに勝手に日本に連れて帰ってくることは誘拐罪になります。だから場合によったら一人で帰国せざるを得なくなるのです。
    でも一人で帰ってくるケースばかりではなく、子供を日本に連れてくるときに元旦那さんの承諾を得て、子供と一緒に帰国するケースや、子供を定期的に会わせるケースも多いんですよ。
    でもDVや、子供を犯罪に引き込む危険性があるなどの場合は例外を設けて、誘拐罪にならないようにしたほうが私はいいと思います。

    1:10 PM Jannat
  • でも離婚前に彼氏がいて不倫してその男に走ったわけで。
    母でなく女だったわけじゃないですか。
    法律以前に子供を捨てたことに変わりはない。
    結局子供が邪魔だったんですよ。よくある話。

    2:16 PM kiyo saka
  • 離婚のちょっと前に中山美穂のインタビューを見ました。特に子供が嫌いでもない感じ。フランスの生活習慣に子育て、綺麗な女優さんという肩書きが無ければ渡航主婦のお話と変わらないと思いました。日本のメディアは母性愛を強調し過ぎてて「母親」の面を持つ身にはプレッシャーです。ハーグ条約は「日本も加盟した」ニュースで見ました。
    中山美穂さんの離婚をきっかけに取り上げるチャンスを使わない、残念です。
    中山美穂さんの場合、芸能界で食べていくには地盤がしっかりしてから、という思いも、クラスメイトや慣れた生活から子供うちに離れさせるのを心配したのでは?と思います。10歳はちょっと厳しいかなぁ?と思うのは私が日本人だからかも。そもそも、子供の意見を尊重した可能性もありますし。メディアの取り上げ方は「間違っている」と思います。

    2:21 PM
  • 恥ずかしながらハーグ条約が国際結婚に限定されないと初めて知りました。勉強になりました。

    海外に住んだことがあり、体験的な印象でやはり子供が馴染んだ土地にいられればそれに越したことはないと思います。
    彼らは結婚後ほとんどフランスにいて、お子さんもおそらくフランスの教育を受けられているのでしっかりと自己主張できるのではないかと思いました。
    私たち夫婦でこの離婚ニュースを見た時、子供のことを考えたらどっちにしろパリに残るんじゃないかと話題になったほどです(ゴシップ好き夫婦 笑)
    親権がどちらにあろうと、面会権等の取り決めがなされていたら問題ないと思います。
    あの父親は前の離婚の事もあり、親権の無い男親の権利の無さ(どんな取り決めだったか知りませんが)を思い知ったのではないのでしょうか。逆に母親との結びつきが強いからこそ父親としての権利を主張したのかも。
    それから彼らの滞在条件(誰がメインの滞在許可なのか、扶養者と被扶養者)によってお子さんがフランスに滞在し続けるために都合がよかったのかもしれないですし。
    想像の域を出ませんが、マスコミもこれとは反対方向(母親に対しての悪印象操作、その方が面白おかしく売れる)の想像でしかないと思います。

    5:25 PM az.Usa
  • 条約うんぬんというより、子どもが辻さんを選んだそうですよ。
    産んで育ててきたのに、選ばれなかった理由は何ですかね?

    5:55 PM かおり
  • 加盟したんですね。勉強になりました。セクハラ大国の日本なんかよりフランスにいる方が単純にいいと思うし。シングルマザーには過酷な国です。養育費払う男親なんてほぼいないですしね。
    辻じんせいが美人女優にもてることの方がずっと気になりますよ。そして必ず破綻する。

    7:15 PM 針男
  • 中山美穂の元旦那の辻仁成の元妻の南果歩、辻仁成が離婚する際に南果歩が親権を持つことで同意したんだけど辻仁成は離婚後に凄く後悔したそうで、そのことから中山美穂が離婚を持ちだした際に辻仁成が親権については譲渡しなかったとのこと、なので中山美穂が子どもの親権を譲渡したくなかったら子どもと一緒に日本へ帰国してると思う。

    アメリカ人の旦那と結婚した日本人嫁が子どもと一緒に日本に帰って連れ去り状態で離婚する状況だけど、一体いつになったらアメリカ人の旦那のDVを正当化しないことを条件に盛り込まない限り解決は無理。

    9:01 PM ななし
  • 子供はフランス育ちですし、もし仮に中山美穂さんが子供を馴染みのない日本に連れてくるなんて、子供にとってはものすごいストレスですよね?
    そんなことすら考えられない日本のマスコミに唖然…。
    子供の都合を考えないで母(中山美穂さん)を責めるって偽善なのでは。。。
    あと、今日集団自衛権で騒がれていますが、自衛隊の夫を持つのをポスターで宣伝されているのを見ましたが、これも見て唖然としました。

    10:44 PM Maria
  • あの外務省のパンフレットもこういうケースは軽視する作りだし、マスコミも勉強してないのかな。確かに国民に教える良い機会なんだけど、なんか海外向けに条約に合意しましたよアピールしてるように見える。まあ、実際合意してるから適用されるんだけど。

    12:32 AM simon
  • 事情は知りませんが、 ちゃんと事実を伝えるのが正しいマスコミのありかただと思います。子供がいる場合、ハーグ 条約の説明なしに、国際離婚について報道するのは、軽率ですね。 それに、 こういう事に関しては、 子供の意志だけで選択は出来ないのが常識です。 サンドラさんと同じ意見です。

    8:15 AM きいろ
  • 彼女は離婚前から不倫して再婚の話しもでているようだし息子さんが彼女ではなく父親を選んだわけで…
    息子さんのことを考えフランスに残してきた訳ではなさそうだしハーグ条約を今回の件で語るにはちょっと状況が違う感じがします…報道は仕方ないのでは。

    8:47 AM りこ
  • マスゴミと呼ばれ、質の悪さを指摘されて久しい日本のマスコミの中でも
    芸能関連は本物のゴミクズですから

    9:08 AM hilander
  • これ、息子が父親を選んだということで、ハーグ条約とは全く関係ないと思います。

    9:51 AM えみ
  • 余談ですが、日本のマスコミはハーグ条約の事を一切放送しないと同時に、日本ddクラス外国人(それでも最近は在日朝鮮人の思いがニュースで報道されていましたが)、現実というものを全く報道しません。
    放送すると言ったら、必ず日本の事を持ち上げた(特に欧米人が日本を持ち上げたもの)番組をテレビで流すだけですからね。。。
    けれど、日本には欧米人以外にも発展途上国から来た人々(主にアジア系)はそれこそ沢山いるのに、日本のマスコミは彼らが日本で生きていく上で差別や偏見を取り上げません。
    それ以前に、日本人は自国以外のアジア人を蔑視する傾向がありますからね。
    実際、アジア系に対して尊大な態度をとる日本人何でそれこそ大勢いますし、日本企業なんかではアジア系に対して徹底的な日本人かが行われますし。
    白人にこびて、アジア系に対しては偉そうにしている日本人が恥ずかしくなるぐらい嫌です。
    こんなことをしていたら、日本は確実に評判が下がるぞ…。
    今、私が通っている大学(日本の大学です)にいは中国や韓国からの留学生が多くいますが、彼らが掲示板で中国人や韓国人にたいして罵詈雑言で満ち溢れているのを知られたくない。。。

    7:32 PM Maria
  • 余談ですが、日本のマスコミはハーグ条約の事を一切放送しないと同時に、日本で暮らす外国人(それでも最近は在日朝鮮人の思いがニュースで報道されていましたが)、現実というものを全く報道しません。
    放送すると言ったら、必ず日本の事を持ち上げた(特に欧米人が日本を持ち上げたもの)番組をテレビで流すだけですからね。。。
    けれど、日本には欧米人以外にも発展途上国から来た人々(主にアジア系)はそれこそ沢山いるのに、日本のマスコミは彼らが日本で生きていく上で差別や偏見を取り上げません。
    それ以前に、日本人は自国以外のアジア人を蔑視する傾向がありますからね。
    実際、アジア系に対して尊大な態度をとる日本人何でそれこそ大勢いますし、日本企業なんかではアジア系に対して徹底的な日本人かが行われますし。
    白人にこびて、アジア系に対しては偉そうにしている日本人が恥ずかしくなるぐらい嫌です。
    こんなことをしていたら、日本は確実に評判が下がるぞ…。
    今、私が通っている大学(日本の大学です)にいは中国や韓国からの留学生が多くいますが、彼らが掲示板で中国人や韓国人にたいして罵詈雑言で満ち溢れているのを知られたくない。。。

    7:33 PM Maria
  • 余談ですが、日本のマスコミはハーグ条約の事を一切放送しないと同時に、日本で暮らす外国人(それでも最近は在日朝鮮人の思いがニュースで報道されていましたが)、現実というものを全く報道しません。
    放送すると言ったら、必ず日本の事を持ち上げた(特に欧米人が日本を持ち上げたもの)番組をテレビで流すだけですからね。。。
    けれど、日本には欧米人以外にも発展途上国から来た人々(主にアジア系)はそれこそ沢山いるのに、日本のマスコミは彼らが日本で生きていく上で遭う差別や偏見を取り上げません。
    それ以前に、日本人は自国以外のアジア人を蔑視する傾向がありますからね。
    実際、アジア系に対して尊大な態度をとる日本人なんてそれこそ大勢いますし、日本企業なんかではアジア系に対して徹底的な日本人化が行われていますし。
    白人にこびて、アジア系に対しては偉そうにしている日本人が恥ずかしくなるぐらい嫌です。
    こんなことをしていたら、日本の評判は確実に下がるぞ…。
    今、私が通っている大学(日本の大学です)には中国や韓国からの留学生が多くいますが、彼らが掲示板で中国人や韓国人にたいして罵詈雑言で満ち溢れているのを知られたくない。。。

    7:37 PM Maria
  • あと、日本で少子化が騒がれていますが、これって日本で女性が出産したら社会復帰がほぼ無理だからなっているんでしょ。
    これを、「少子化は女の社会進出のせい」なんて叩かれているからよけいに子供をつくりたくないんですよね。
    誰がこんな男達の子供をつくるのかよ、って思います。

    1:37 AM Maria
  • 不倫してた母親が許せなくて、子供が父親と一緒に住むことをえらんだらしいです。
    法律は関係無いと思います。
    あの2人はちゃんとした弁護士をつけてると思うから、そんなことは弁護士さんは分かってると思います。

    6:21 AM kome
  • 中山美穂さんは離婚後もフランスに住むそうです。
    噂の彼氏がフランス在住らしいです。

    むしろ、元ダンナさんのほうが日本に帰ってくるかもしれないそうです。

    これ、ハーグ条約関係なくね?と思ってしまいました。

    9:02 PM ぽこぽこ
  • 中山美穂が子供を捨てたのでもなく、子供が父親を選び母親を捨てたのでもなく、ただ子供が「フランスでの生活」を選んだのだと想像します。
    そして、それを母親も父親も尊重したうえでの結果が現在の状況なのだと思います。
    同じ母としては、子供と離れて暮らせる?辛すぎ!と始めは思いましたが、きっと経済的に日本-フランスを行ったり来たりできるのだろうなぁとちょっとうらやましく思うのでした。

    11:15 PM JM
  • はじめまして。
    「捨てた」とか「子供が父親を選んだ」というのは、ちゃんと取材した上での記事なのか疑問ですが、親が離婚する場合子供は母親が育てるのが当然だという固定観念がある様に思います。
    離婚後に一方の親しか親権を得られない日本が特殊なのだと別の方が書いておられるのを読みましたが、ご存知でしたらまた書いていただけますか。
    蛇足ですが「日本人妻は見た!」については「日本人夫は見た!」の視点がメディアに不足していると思います。

    6:43 AM 柔とん
  • 個人を利用して、政治の勉強をしましょう
    ということと捉えましたが、
    ご本人が望んでいるならまだしも
    それは他人事というか、配慮がないのでは。

    いくら有名な女優さんであっても、マスコミが、個人の家庭事情を取り上げること自体に問題があると思います。

    あなたが、マスコミの記事、内容の薄さに訴えたい気持ちはわからなくもないですが、
    その「ミーハーな」事に、ハーグ条約という国際事情をからめられても。

    中山美穂さん(と、ご家族)という、
    個人を傷つけることに変わりはないのですよ。

    4:14 PM sashi
  • 日本には子供は母親の元にいるべきという考えが根付いてますね。
    確かに母親が引き取った方がいいパターンが多いのでしょうが、
    母親が引き取ることが必ずしも子供にとって幸せとは限りませんからね。

    10:11 PM まー
  • こんにちは、イタリア人と結婚してイタリア居住です。ミックスの子供が二人います。ハーグ条約は国籍が違う両親が離婚し、一方がこれまで婚姻生活を送っていた国から自分の母国に戻る際、元配偶者の同意なく子供を連れ帰ってしまい、その後残された元配偶者が自分の子供に会いたくとも、ハーグ条約を批准していない国に対しては法的に働きかける有効な手段がないためにこれを防ぐ目的で結ばれたものだと理解しています。

    中山さんと辻さんの場合両親ともに日本人であることから、離婚が訴訟になっていたとしても、それをフランス国法に則って訴訟したとは考えにくいし、辻さんの方に日本に帰った子供にコンタクトを取る困難があるとは考えられないので、(距離的な不便はあるとしても)ハーグ条約の典型的な説明には適していないと思いますよ。

    2:57 PM chicconeri
  • 離婚と再婚に伴う親子の断絶の例として、ぜひ井戸田潤と元妻の安達祐実の件も大きく取り上げていただきたい

    この件の時系列を見ると…

    08年6月ごろ、安達が突然離婚話を切り出す。その数日後には自分の荷物全てと
    娘と共に実家へ。半年近い話し合いの末、09年1月に井戸田がしぶしぶ離婚に同意
    (安達の家族らに『離婚に応じないと娘に会わせない』と脅された?また離婚の時は
    ヤケ酒ヤケ食いで8kgも太ったという)

    その後安達は実家で育児。井戸田とは娘共々頻繁に会い買い物や会食をしていたが、
    半年ほどで実家との関係が悪化し、マンションを借りて娘と2人で暮らし始める。娘共々
    次第に井戸田の家に泊まる機会も増え、11年9月ごろに井戸田の家のあるマンションに
    引っ越して部屋は別々ながらほぼ半同棲状態に。安達が多忙な時は井戸田が娘の
    面倒を見ており、両方とも忙しい時は井戸田の実家に預かってもらったりした
    (ヌード写真集の撮影が始まったのもこの頃?撮影は後の再婚相手であるカメラマンの
    家や安達の家で行われた模様)

    12年5月に安達がガン検診で入院。井戸田は娘の世話に加え毎日見舞いに行くなど
    献身的に安達に尽くす。娘の入る小学校について話し合う機会も多く、復縁の噂が出た
    のもこの頃だが、井戸田が復縁を持ちかけると丁重に断られる
    (井戸田は離婚直後から執拗なまでに復縁を求めていたが安達はことごとく却下していた)

    この頃にヌード写真集の撮影をしていたカメラマンとの交際が本格的になったと見られ、
    安達は井戸田に何も言わずに突然一切の接触を断ち、そのマンションを引き払って
    別のマンション(カメラマンの家?)へ引っ越す。「アメトーーク!」のバツイチ芸人の収録は
    時期的にちょうどそれと重なるが、あの中での突然の復縁活動終了宣言や数々の挙動不審
    も彼女に新しい男の影がちらついてたから?井戸田は「正直、この事は離婚が決まった時
    より辛かった」と語っており、しばらく食事も喉を通らず、芸人仲間やスタッフの支えで
    なんとか仕事をこなしていたほどらしい

    その後娘は群馬県内の安達の親類の下に移った事が判明。安達が面会に様々な条件を
    つけた事もあり、井戸田はこれ以降ほとんど娘に会えなくなる(3年間で2回らしい)。
    13年9月にヌード写真集発売、同時に安達とカメラマンとの交際が判明する。カメラマンの
    方は12年暮れに前妻と離婚しており、略奪愛との噂も。井戸田はこの話題になると明らかに
    動揺し、涙目になるなど情緒不安定な様子を見せていた
    (安達に対しては相当な失望と怒りと不信感を抱いていた模様)

    14年10月、井戸田は熱海旅行中に安達から「再婚するので今後一切関わらないで。娘は
    再婚相手の養子になるので、もうあなたはあの子とはなんの関係もないから」とメールで
    知らされる。井戸田は「これで娘との縁が完全に切れてしまう」と悲嘆し号泣、気晴らしにと
    連れ出された海岸で絶望のあまり発作的に入水自殺を図る。翌月に安達は正式に再婚、
    井戸田は顔にひどいでき物(面疔らしい)ができるなど精神的ダメージは絶大だった模様で、
    以後は笑う事がなくなり落ち込む・泣く事が増えるなど鬱病の危険も

    4:39 PM TMT
  • ハーグ条約の件全く知りませんでした。息子さんはフランスの学校で教育をされています。生まれてから今までその環境で育ったわけですから離婚した後、母親が日本を拠点に住むことは息子さんにとってとても酷なことです。母親が歌手、女優で知名度の高い方、それを考えると日本の学校だと周りから「色目」で見たり、いじめにあうことはよく考えればわかります。中山さんは親権に関しても「フランス式に基づいて〝交互に子供を見る”つもりでいたのが、辻側が日本の法律に基づいた内容に差し替えられた」と美STで語っています。中山さんは日本で芸能活動をされるので離婚すれば日本を拠点に生活されるのはわかります。仮に中山さんが親権を取ったら息子さんは日本の教育を受ける可能性は大きいです。日本には中山さんのご家族もいらっしゃるし。上記に答えたように息子さんは日本の教育には少し酷な事だと思います。こういう時にハーグ条約が生かされるのですね。

    12:23 AM horimi

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です