ハーフの視点から見た #ブラックフェイス 問題

2018.1.14

新年から色々と議論されている #ブラックフェイス 問題。

年末にニッポンのテレビ番組が「顔を黒く塗りたくったお笑い芸人」をテレビで放送し、これが黒人に対して差別的だとして批難を浴びています。私も先日ドイツの黒人差別のエピソードもご紹介しながら「#日本でブラックフエイス止めて」というコラムを書きましたので、よければのぞいてみてください。

問題になっている今回の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』について、色んな人と話していると、日本での #ブラックフェイス に関しては、「あれは黒人の真似ではなく、単に俳優エディー・マーフィーの物真似をしているだけ」「だから別にいいんじゃない?」という意見もあるようです。

が、想像してみてほしいのですが、これ、もしアフリカのどこかの国で黒人が黄色いペンキの入ったバケツに顔を突っ込んで、「はーい。浅田真央になりましたー。顔も黄色だしソックリでしょ!?」「黄色人種だから、顔を黄色に塗ったほうが真央ちゃんに似てると思って、黄色にしてみました。いえ~い!!」とやったら、どう思うのでしょうか。。。

どんなに「浅田真央ちゃんに似せるため、顔を黄色くしただけ。」「真央ちゃん個人に似せるために、両目脇にテープを貼って目を吊り上げただけ。目が細いほうが真央ちゃんに似てると思ったから。」と言ってみたところで、私を含め日本では多くの人が全く納得しないと思われます。むしろ「真央ちゃんをバカにしないで」という感情が湧くのではないでしょうか・・・・?

そんな想像も含め色んなことを考えていたところ、友達(父親が日本で母親がヨーロッパ某国出身のハーフの女性)が『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』での #ブラックフェイス問題 について、自らの経験をFacebookでつぶやいていました。大変興味深いので、以下(※)にシェアします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
うむむ。

なんかなぁ…。

私が子供の頃だけど、母の国なるとあるヨーロッパの国で、子供向けのコミックスでは東洋人=おそらく中国も日本も韓国も一緒にされてて東アジア人の肌の色は…真っ黄色の配色設定。

真っ黄色な上、目が釣り上がってて、出っ歯という描写。子供ながらパパの国、そして私の国の人間たちはこういう見られ方されてるんだって、子供だったから、不愉快という概念は無く、なんか腑に落ちない悲しい気持ちになった記憶が蘇ります。

もし、アフリカ系のコメディアンがイエロー・フェイスって、黄色く顔を塗りたくって、ジャッキー・チェンや、チョウ・ヨンファや、まあ日本の俳優や女優の出ている映画のワンシーンのパロディを放送してたら、みんなどう思うのかなぁ〜。

絶対違和感を感じる人の方が多いと思うんだけどなぁ…と思う次第です。

もしかしたら、冬季オリンピックに向けて、アジア人のフィギュア選手を茶化して、真っ黒なストレートヘアで顔を真っ黄色にぬって、パロディにする番組があったら…私はイヤだなぁ。

どうせやるならブラック、イエロー、ピンク、ホワイト、レッド・フェイスって肌にまつわる色を一色だけじゃなくって、複数使って、人類を茶化して社会風刺にすればいいのに…って思うのはダメかしら?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これって個人的には本当同感で、異なる人種の人を「笑う」なら、黒人、東洋人、白人などなど色んなコメディアンを集めて、各自、自分の特徴について自虐を込めてギャグを飛ばしみんなで笑う・・・というのなら本当に笑えるんだろうなあ。

まあ人を集めるのが大変だろうし、制作費もかなりかかるだろうけど、公共の電波にのるものはこれぐらい制作側もがんばってみるべきかな、と。

それにしても実際問題、ニッポンで黒塗りが「問題ない」と感じる人が多いのは、【外国で外国人として長期にわたり生活したことがないから】というのも一つの大きな理由なのではないかと思います。

留学なり仕事なり、自分とは異なる人種の人が多数派をしめる国に長期で滞在していれば、自分が「東洋人だからバカにされた」という悔しい思いを残念ながらするものです。それ自体は大変腹立だしいものなのですけど、そこで色々と差別問題も含めて「考える」ようになる。でも、それが日本人が多数派の日本にずっといると、当然日本人として差別されることは日本国内では無いわけですから、自分とは異なる人の痛みを想像すること自体が難しくなってしまうのかもしれません。(もちろん全員ではないですけど。)

やっぱり海外にある一定の期間住んで、色んなことに揉まれると「気づき」も多いので、そういう意味でも海外生活、おススメかなあ。でも短期滞在の観光客だと、こういう事とは無縁でいられることも多いので、あまり「気づき」はないかも・・・。

・・・・【ハーフの視点】から見た【ブラックフェイス問題】についてちょっとつぶやいてみました・・・

遅れましたが、新年あけまして、おめでとうございます。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします★

サンドラ・ヘフェリン

コメント

  • リアルタイムでこれを見たとき、ギクッとしました。
    しかし、フィフィさんの「浜田雅功の黒塗りを『人種差別』と批判する人に疑問「そういう人こそ優劣を付けて人種を見てる」という意見もあるため、こればかりは本当に難しい問題です。

    8:31 PM 雪原桔梗
  • どうなんでしょう。日本人としては、海外で「真っ黄色に塗られて~」というような浅田真央のモノマネがあったとしても、歴史的に見ても「海外では日本人の扱いはそんなもんだよね」と思う程度で、「全然似てない!」という批判はあっても真似をしようとすること自体を「差別されてる」とは捉えないような。あからさまにバカにしてたら怒る人もいるでしょうが、ほとんどの人は外国のことなので気にもしないでしょうね…。

    結局のところ、日本人は「クオリティの低さ」には腹を立てそうですが、メイクで肌の色を変えることを含め、「似ていれば文句は言わない」スタンスな気がします。それに対して、今回は一部の黒人の人が「あらゆるブラックフェイスは禁止」と言っているので、違和感を感じる人がいるのかな、という気もします。

    とはいえ、ネットを見ていると今回の件を全然気にしてない黒人の人も少なくないようです(特に英米以外出身の人達)。「黒人の人はみんな怒ってるのでダメ」というなら、話は早いのですが…。

    11:28 PM コッコ
  • 日本にいても、東京以外の地域はキー局による偏向報道が今でも多いです。知ってるかもしれませんが、キー局というのは日本全国に番組を放送する権限があるテレビ局の事ですが、そのすべてが東京にあります。
    中でも偏向報道されやすいのが大阪ですが、ステレオタイプを助長する内容の放送が今でも多く、ブラックフェイスどころじゃない気がします。昔、『ここがヘンだよ日本人』でも関西、特に大阪のステレオタイプを助長するような放送が見られましたが、一向に無くなる気配はありません。大阪の映像として出されるのは大抵、新世界と道頓堀ですが、さほど主要な場所というわけでもありません。どちらかというと観光地みたいな所です。逆に、本当に主要なエリアは東京の番組ではほとんど扱われません。東京の番組で大阪に来たと言って新世界や道頓堀の映像を出したのに、実際のロケ地は全然違う場所という事も多いです。
    豹柄の服を着たおばちゃんが多いというネタもありますが、全くいないとは言わないまでも実際に見かける機会は極稀です。
    特に大阪へのステレオタイプを助長する存在として、関西出身の芸人がいますが、明石家さんまなどは良く大阪をネタにしたりしますが、彼自身は生まれも育ちも大阪ではありません。大阪に住んだ事があり、現在も大阪の番組に出てはいますが、彼の喋る言葉は大阪弁とは異なります。しかし、全国的には彼の喋る言葉が大阪弁だと思い込んでる人も多いんじゃないかと思います。
    ブラックフェイスが良いか悪いかは何とも云い難いところですが、異人種の真似をしただけで差別という風潮はどうかと思います。

    3:41 PM たけ
  • ドイツに20年近く住んでおり、最近、日本に戻りました。最近までドイツでもコメディアンがブラックフェイスで定期的にテレビにできて、司会をしていましたよ。よく覚えてませんが、確かオバマさんの真似をしていたような…. あれは批判されていてのかな?ここ数年ドイツでテレビを見ていませんが、少なくとも当時はドイツでもブラックフェイスが差別的だとは認識されていなかったのでしょうね。

    メジャーリーグでダルビシュから打った選手がダルビシュに向かってつり目のジェスチャーした。これは明らかな差別で、軽蔑されるべきです。今回のブラックフェイスの一件は、特定のアメリカの俳優を真似てやったことなので、同じレベルでは語れません。

    今回の件を問題視したアメリカ系の日本人、あるいは日本に滞在しているアメリカ人は、日本人が誰も差別しようとしてブラックフェイスをしてるのでないとわかってほしいものです。

    3:03 PM ピコ
  • この件でふと思い出したのですが、アメリカのハリウッド版『デスノート』を制作する際、
    「日本人(東洋人)が殆ど出ていなくて白人しか出ていないのは人種差別だ!」
    とアメリカ国内では騒がれていましたが、当の日本人は全くと言っていいほど気にしていませんでしたよね?
    (かくいう私も、アメリカは白人国家(黒人やアジア系もいますが)だからアメリカ版デスノートの主要人物は白人であっても別にいいんじゃね?と思っていましたが…)

    日本人結局差別意識が薄いのかな…。

    けれど、浜田雅功の
    「日本のお笑い界に『人権感覚』を求めることは八百屋に魚を売れと言っているようなもんです」
    発言にはもう返す言葉すら見つかりません。

    11:04 PM 雪原桔梗

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です